鼻をほじったり鼻毛を抜くと認知症の兆候が進行するリスク

雑記ブログ

介護職をしていた際に「認知症になるのが怖い…」と感じるがありました。

なるべく認知症にならないような生活習慣を気にしたりしていましたが、今回Twitterを見ているととんでもないツイートを見かけてしまいました。

鼻をほじると認知症の兆候が進行するという論文

バズってるツイートがタイムラインに流れてきて騒然としました…

Chlamydia pneumoniae は肺炎などの感染症を引き起こすが、マウスの実験では中枢神経系にも感染する恐れがあり、鼻をほじったり鼻毛を抜くなどで鼻腔が傷つくと、中枢神経系の感染を起こし異常タンパク質の蓄積を招く恐れが示唆された。

あくまでマウスの実験ですが、粘膜を気付ける行為は異常タンパク質の蓄積を招くらしいです。

認知症の原因となるのはタウと呼ばれる異常タンパク質です。

タウは、アルツハイマー病をはじめとする様々な神経変性疾患で脳に蓄積して、神経細胞の死を招く、認知症の原因となるタンパク質です。

認知症の病因「タウタンパク質」が脳から除去されるメカニズムを解明―脳内のグリアリンパ系がタウを押し流すことを発見―

よくよく考えたら鼻は頭部に近い器官ということもあり、感染した際など脳に影響が出やすいってのも納得ですね。

論文では参加者の91%が鼻をほじっている

1995年の論文では参加者の91%は鼻をほじっていると報告しており、鼻ほじりは珍しい行為ではないそう。とはいえ不潔な手で鼻腔を傷つけるのはあまりよくないことではあると思う。

誤解を招きそうだが私もティッシュで鼻をほじって綺麗にする事が結構あるので、他人事ではないです。

他にも身だしなみのため、ブラジリアンワックスで鼻毛脱毛もしてるのでこちらも認知症リスクがあるって事に驚きです…

にしても91%、9割の人が鼻をほじっているというちょっと驚きですね。

美人な人でも鼻をほじるっていう話も聞いたことあるので、例外なく気をつけた方が良さげです。

鼻毛除去はカッターの方が良い?

ブラジリアンワックスは確かに鼻毛のお手入れにはかなり万能と言えますが、実際に強力過ぎて鼻血が出たことがあります。

粘膜を傷つける上に鼻腔はゴミがたまりやすいので、今後は鼻毛カッターを使っていこうと思います。

最後に

エチケットも大切ですが、今回のツイートを見て何事もやりすぎ…いや掘りすぎもいかがなものかと思いました。

体の謎の不調は臓器が炎症して起きると言われてる程、炎症というものは油断大敵な存在です。

わざわざ自分からリスクを取らずとも、適切に鼻毛処理を行う事で健康を保てたら良いですね…

雑記ブログ
黒澤春

介護での辛い経験を通じて、辞めたい、転職したいと思っている方へ情報発信しております!YouTubeメインなので宜しくお願いします!

黒澤春をフォローする
黒澤春をフォローする
介護転職ちゃんねる