【介護職】認知症利用者からの暴力行為は法律的に違法か?

介護士の仕事

今介護士の利用者へ対する暴行事件が増えている気がします。

その大半の報道は加害者が犯行に至ったプロセスを明確にせず、表面上のものばかり取り上げています。

介護福祉士として実際に要介護度の高い特別養護老人ホームでの経験がある私から見ても、認知症の周辺症状(BPSD)によって暴言や暴力に苦しまれてある介護職員が全国にたくさんいると踏んでいます。

実際に私も引っ掻かれたり軽症を負ったことがあります。

では、認知症利用者の暴力行為に対して法律で取り締まれるのか見ていきましょう。

認知症利用者の暴力行為について

今回は福祉小六法から引用させて頂きます。実際の福祉の法令で取り締まれるのか解説していきます。

認知症利用者からの暴力を取り締まる法律は無い

基本的に高齢者虐待防止法などの記載はありますが、労働者に対しての配慮義務など大まかな記載はありませんでした。

しかし、だからといって高齢者かりの介護ハラスメント(セクハラ、暴力)を容認して良いかと問われるとそれは違うと思います。

更に認知症であっても暴行罪や傷害罪が適応されるケースもあるので見ていきましょう。

平成17年に施工された「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」に基づいて話を解説していきたいと思います。

心神喪失状態だと無罪放免

  1. 精神上の障害のため是非善悪を弁別できないか、また弁別してもそれによって行動することができない状態。

認知症であっても心神喪失状態に該当する場合は、認知症の有無に関係無く責任問題は追求されません。

ただし重大な他害行為を行った際はそれなりの対応が可能です。

医療的な観察や指導が行われることになります。

指定医療機関への入院命令だったり、医療刑務所への入所、措置が行われます。

認知症高齢者の暴行罪が成立するケース

認知症の場合でも暴行罪が成立するケースについて解説していきます。

心神耗弱だと減刑

精神が衰弱して、識別力が乏しくなり、自分の行為の結果についての判断能力が劣っていること。 ▽「心神」は心・精神。 「耗弱」はすり減って弱くなること。 心神喪失よりは軽い状態。

心神耗弱 の意味・使い方

心神消弱の際は責任問題が多少問われるため、重大な他害行為をしても減刑されます。

しかし、減刑はされるものの完全に心神喪失では無い状態であれば刑事罰に処されます。

認知症高齢者から受けた傷害は重大な他害行為に該当

刑法204条には、「人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する」とあります。 第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 傷害罪の場合、最大で15年の懲役を受けることもあります。 もっとも、ひとえに傷害と言っても被害の度合いが異なります。

暴行罪は重大な他害行為該当しませんが、傷害罪は第2条の4項に規定されている「刑法第204条」に該当します。

これは私の知人の話ですが、病院の介護士をされていた方が、ナースステーションにおいてあったハサミを使いその知人の手を刺した事件がありました。

その件に関してはしっかりと労災も降りて、他害を行った認知症高齢者は精神科に入院する運びとなったそうです。

なので、暴力だけでは泣き寝入りするしかない事例が多いですが、流血沙汰になればもちろん罪も重くなります。

傷害罪は重大な他害行為に該当することを忘れず、実際に怪我を負った際は直ぐ様病院へ行きましょう。

認知症利用者からの暴力等に悩む方は転職を

先程の知人の話ですが、何とか労災になったものの「介護士が悪い」と周りの人間は責め立てたそうです。

介護福祉士の私からすれば、ナースステーションにほいほいと利用者が侵入できるような管理体制に問題がありますし、実害を受けた本人は全く悪くないと思いました。

こういった「きちんと介護出来なかった人が悪い」といった風習は介護あるあるです。

被害にあってさらに責め立てられたら心も壊れてしまいますよね。

なので、悪しき風習の残る介護施設から一刻も早く転職することをオススメします。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職サイト
今回は介護士の方が転職で失敗しないための本当に役立つ転職方法の記事となっています。 私がおすすめする転職の秘訣は「介護転職エージェント」を利用する事です。 俗に言う「転職サイト」と世間で呼ばれているものです。 介護転職エー...

最後に

いかがでしたか?

福祉小六法には認知症利用者への虐待防止法は記載されていますが、介護職を守るための法律はありませんでした。

こうなってくると自身の安全を守るためには、介護職員に対しても適切な介護ハラスメント防止を実施している事業所にいくしかありません。

あなたが利用者からの暴力やセクハラに苦しんでいて何もしてくれない介護事業所からはさっさと退職するのが最適解だと言えるでしょう。

介護士の仕事
黒澤春

介護での辛い経験を通じて、辞めたい、転職したいと思っている方へ情報発信しております!YouTubeメインなので宜しくお願いします!

黒澤春をフォローする
黒澤春をフォローする
介護転職ちゃんねる