介護士の仕事はタトゥーが入っていても転職は可能?出来ない?

介護士の仕事

介護士の仕事はタトゥーが入っていても出来るのか?

大分寛容にはなっててきましたが、日本文化ではまだまだタトゥーは受け入れて貰えない会社や公共施設は多いですね。

日本においって、タトゥーや刺青のイメージが悪い理由ついて。

  • 反社会組織というイメージ
  • 昔の日本では罪人に対して刺青を入れていた歴史がある

日本ではファッションという意味では無くマイナスイメージが先行しています。

その事によりタトゥーや刺青が入った人に対して「なんか恐いかも…」といった印象が根強いのかもしれません。

私としてはそういった古い考えより個人の決意とかそういったプラス思考で物事を見て貰いたいものです。

ちなみに私は温泉が好きなので一時入れようとしましたが断念しました…

そんな中、タトゥーの入った現役介護系ユーチューバーさんが質問コーナーで包み隠さず話されていましたので紹介していきたいと思います。

介護系ユーチューバーはやとん/介護福祉士さん

◆プロフィール

  • 名前:はやとん/介護福祉士さん
  • 生年月日:1987年10月30日
  • 年齢:現在34歳
  • 職業:介護福祉士
  • 学歴:美容師通信
  • 職歴:職員、カラオケ定員、ホスト、黒服、美容師、

現在はユニット型の特養で勤務されているようです。ユニットリーダーで活躍されており、現役でバリバリ働かれています。

他にもグループホーム、有料老人ホームでのバイト経験もあるとの事でした。

タトゥーが入っていても施設次第では介護士は出来る

結論から、はやとんさんが現役で働いているということは介護士にはなれます。

しかし、タトゥーを隠す事はデメリットが余りにも大きいので素直に職場に伝えるべきでしょう。

タトゥーは入用介助でバレるので正直に面接で言うべき理由

介護の仕事では入浴介助があり、半そで半ズボンで行うので必然的にバレてしまします。

利用者様が委縮しないように長袖を着用して日々の業務に取り組んでいるとのことでした。

普段の業務も長袖を着れば問題は無い

結局は局部が隠れていれば特に業務に支障は無いでしょう。

夏場の暑い日は業務が大変かと思いますが、施設の意向のなのでそこは素直に従いましょう。

転職できる介護施設の幅は減る

厳しいですが病院系列や倍率の高い介護施設に就職するのは困難になるかと思います。

日本社会全体がタトゥーに理解が少ないということは必然的に就職できる幅は狭まると思います。

なので、余程の決意が無い限り入れない方が無難でしょう。

結論:タトゥーが入っても介護士にはなれます。

実際に介護系ユーチューバーで活躍されているはやとんさんのように立派に介護リーダーをされていえう方もいます。

なので、タトゥーがはいっているから介護士を諦めるのは勿体ないと思います。

就職活動は難航するかもしれませんが、きちんと面接をし受け入れてくれる事業所に巡り合えると良いですね。

転職エージェントでタトゥーOKの介護施設を探そう

世の中には1万以上の介護施設が存在します。

そして人材不足の介護業界では介護士の存在は大変貴重です。

ハローワークの求人はただ面接日の決定など手厚いサポートは行っていません。

介護転職エージェントであれば担当者と話をすることで自分の希望にあった職場探しが出来るので、円滑に就職活動をするのであれば是非とも利用していきましょう。

転職で失敗しない本当に役立つおすすめの介護転職サイト
今回は介護士の方が転職で失敗しないための本当に役立つ転職方法の記事となっています。 私がおすすめする転職の秘訣は「介護転職エージェント」を利用する事です。 俗に言う「転職サイト」と世間で呼ばれているものです。 介護転職エー...

 

介護士の仕事
黒澤春

介護での辛い経験を通じて、辞めたい、転職したいと思っている方へ情報発信しております!YouTubeメインなので宜しくお願いします!

黒澤春をフォローする
黒澤春をフォローする
介護転職ちゃんねる