【介護職】自己犠牲の精神は良くないのでやめた方が良い理由

介護士の仕事

今回のテーマは「自己犠牲の精神は良くないのでやめた方が良い」という話をしていきます。

介護職といった福祉の仕事は奉仕の精神が強いため、自己犠牲を払ってまで仕事をする人が多いです。

ちなみに自己犠牲とは何らかの目的や他者のために、自己の時間・労力・身体・生命を捧げる事を指します。

仕事をする上で当たり前ですが、介護の自己犠牲はサービス残業をしたり、実費で利用者に尽くす事が上げられたりします。

では、なぜ自己犠牲は辞めた方が良いのか解説していきます。

 

自己犠牲を行うと業務改善がされない

業務が回らないからといった理由や、利用者のためと思って行っている行為が普通になってしまい、過重労働になってしまう危険性があります。

善意からの行動だとは思いますが回りに回って自分の首を絞める事に成りかねません。

ここでは具体的にどのようなことが自己犠牲に該当するか解説していきます。

必要以上に早めに出勤する

介護は申し送りがあるため、早出サービス残業が横行しています。

申し送りが始まるさらに前から出勤して、利用者との時間を取ったり整理整頓したりする行為は自己犠牲に当たると思います。

あくまでそれらの行動は仕事と割り切らないとキリが無いですし、他の職員も「早く出勤しなければ」と無言の圧力を掛けられてしまいます。

尊い行為だとは思いますが、プライベートな感情と仕事との時間は混同しないようにしましょう。

休憩時間を短縮し業務に戻る

労働基準法と言う法律で休憩が定められている以上、しっかりと休憩を取りましょう。

あなたは平気かもしれませんが、体調不良の中入浴介助で疲れた職員だと夏場なら下手したら倒れます。

現場にいる介護士にとって救世主になるかもしれませんが、それは何の解決にもなっていません。

あなたの自分勝手な行動で周りから白い目で見られてしまう可能性もあります。

サービス残業をする

介護記録などを後回しにして、日中は利用者との時間を大事にする人がいます。

職員の中には家庭を持っている人や、プライベートを大切にしている人は必ずいます。

そういった方々の貴重な時間を奪う事はとても罪深い行為です。

  • 介護記録を業務終了後に書く
  • 夜勤明けでの残業(汚染したリネンの処理等)
  • 事故報告書の作成

サービス残業をしている時点であなたは自己犠牲が強いだけの、ただの仕事の出来ない人間だと思われてしまうかもしれません。

現場を見た管理者視点の場合

自己犠牲で職場が成り立っていることに気付かずに業務改善せず、見過ごす危険性があります。

これが日常化すると組織崩壊が始まります。

まず常識のあるまともな介護士の離職が加速し、ブラック企業になる可能性が高いです。

上の役職が自己犠牲を働けば、下もそれに従う流れになってしまいます。

なぜ良い介護士程仕事をすぐ辞めていくのか?【まともで賢いから】
今回は「なぜ良い介護士ほど仕事をすぐ辞めてしまうのか?」というテーマで話を進めていきたいと思います。 勤続年数が一年、二年くらいの有能な人材が職場から去っていった経験御座いませんか? 私は僅か数ヶ月で退職していった有能な方々も何...

自己犠牲が日常化する事で起こる事

自己犠牲が日常化する事でどのような職場環境になるのか?

一日で終わらない業務量の仕事を押し付けられる

自己犠牲を行わないと一日の業務が終わらない事が日常化します。

上層部がその問題に気付かずスケジュールを組むので終わる訳がありません。

なのでい日常的にサービス残業や過重労働を求められます。

休日出勤を求められる

自己犠牲が強い施設は当然のように休日出勤をさせます。

  • イベントの準備
  • 利用者のプレゼントの買い出し
  • 職場で使う消耗品の買い出し
  • 勉強会の強制出勤
  • ユニット会議の強制参加

アットホームを売りにしてる施設なんてベースボール大会などのくだらない取り組みをしている事業所もあるみたいです。

こうして自己犠牲の果てには、経営者の懐が潤う結果へと繋がる訳です。

まさに優しさや善意に付け込んだやりがいの搾取ですね。

自己犠牲の精神をやめて自分が幸せになる

自己犠牲を行う事で自己承認欲求は満たされますが、介護事業所や同僚に対して見えない迷惑が掛ります。

利用者の幸せも大切ですが、自分の人生と周りの大切な仲間を大事にしていきましょう。

業務が回らないブラック施設からは転職をしよう

もしあなたが自己犠牲を辞めて業務改善に勤めても、過重労働やサービス残業が無くならない介護施設は人材を道具として見ています。

結局、使い捨ての駒と考えているので長く働く職場とは言えないでしょう。

そういう職場は早々に転職し、長く働ける良い職場にいきましょう。

最後に

自己犠牲は美徳では無く愚かな迷惑行為です。

今一度、自己犠牲をしている自覚がある方は一度身の振りを考えてはみてはどうでしょうか。

介護士の仕事
黒澤春

介護での辛い経験を通じて、辞めたい、転職したいと思っている方へ情報発信しております!YouTubeメインなので宜しくお願いします!

黒澤春をフォローする
黒澤春をフォローする
介護転職ちゃんねる