【介護士】「お前はどこ行っても通用しない」は嘘な理由【退職】

介護士の転職・退職

退職時に「お前はどこ行っても通用しない」と言われた事がありますが、それは真っ赤な嘘ということを語っていきたいと思います。

転職経験のない新卒の方は、このセリフを言われると不安になり、仕事を辞めることをためらいが生まれてしまう可能性も捨てきれません。

  • お前は何処に行っても通用しない
  • 他の会社に行っても続かない
  • 逃げ癖が付く
  • 辞めたら後悔するぞ

上記のセリフは根拠の無い捨て台詞なので真に受けてはいけません。

退職時の引き止めはパワハラ

退職時の強引な引き止めや「どこ行っても通用しない」という発言は個人のモラルを害する「モラルハラスメント」や「パワーハラスメント」になる可能性が高いです。

転職は「職業選択の自由」という立派な自由権です。

それに対して脅してくるような輩はロクな人間ではありません。

退職前の嫌がらせも社会問題になっており「ヤメハラ」とも言われているので注意しましょう。

【介護士】退職前の転職予定者への嫌がらせといったヤメハラとは?
退職前の介護職員に対する嫌がらせが昨今では問題となっております。 退職届(退職願)を頑なに受け取らない 引継ぎが終わるまで辞めれない 退職予定者へのイジメや嫌がらせ 今回はこのような転職者へ対する酷い仕打...

上司が退職の引き止めをしてくる理由

なぜ、これほど退職の引き止めをしてくる会社が多いのか疑問に思いますよね?

退職の引き止めをしてくる会社や上司の本音をここで説明しいたいと思います。

欠員補充で求人を出すデメリットが大きい

退職者が出る事で企業は欠員補充のため、ハローワークや地元求人雑誌、転職サイトに求人を出さなくてはいけません。

ハロワに関しては企業は無料で求人を出せますが、転職サイトは広告費が掛かります。

要するに退職者がでることで企業が人材確保のためにお金を払わなくてはいけません。

さらにすぐに欠員が補充できるとは限らないので、残された職員や引き止めをしてくる上司は必然的に仕事量が増え業務が大変になることが予想されます。

自分が楽したいがために引き止めをしている事が良く分かりますね。

結局、引き止めをしてくる輩はあなたの事なんて何一つ心配しておらず、自身の保身しか考えていないという訳です。

引き止められたら人材育成の手間が省ける

即戦力を求めている企業が多くなっていることから、即戦力の従業員は重宝されます。

それは、退職者にも言える事で、一から新たに人材育成するより強引に引き止めた方が企業にとってはメリットが多いです。

例え業界経験者でも会社によって「やり方」というものがあり、ある程度勤務しないと仕事は円滑に回せません。

なので、手っ取り早いのが退職予定者に対して「どこに行っても通用しない」といった脅迫じみたセリフを吐いて不安を煽ってくる訳です。

どこ行っても通用しないは根拠の無い嘘の理由

どこへ行っても通用しないというのは真っ赤な嘘です。

さらに私は「他の会社に行ってもうちくらいの給料だよ」と大嘘を付かれました。

結局、私は初めての転職で不安になってしまい、ずるずると半年間働きましたが、最終的には会社を辞める事にしました。

結論から言うと、すぐにでも辞めておけば良かったとかなり後悔しました。

そして、何処に行っても通用しないと言われました普通に就職も出来ましたし、給料も前職より大幅アップすることが出来ました。

私の経験談からも分かるように退職後に就職活動しても問題ありません。不安なら在職中に転職活動すれば不安も緩和されるでしょう。

強引な退職の引き止めにあった時の対処法

実際に強引な引き止めにあっている方に対処法を解説していきます。

どれにも共通しますが、きちんと強い意志をもって周りに流されないようにすることが大切です。

無視して退職届を出そう

有無を言わさず退職届を出しましょう。

さすがに破り捨てられることは無いですし、もし破られたら問答無用で労働基準監督署へ行きましょう。

退職者へ対して引き止めをしてくるのは、あたなたが優しくて真面目なのでそこに付け込んでいるだけです。

要するにあなたは舐められていると同時に、便利で使いやすいと思われています。

なので、断固たる意志を持って、相手の説得も受け流して退職届を付きつけて下さい。

退職代行を利用する

中に悪質で退職を妨害する企業も昨今増えてきています。

多少のお金はかかりますが、後腐れ無く今の職場と関係を切りたい際には退職代行などの正規サービスを利用するのもオススメです。

普通の一般企業では執拗以上の嫌がらせはありません、余りにも酷いようですが第三者を交えてスムーズに退職を勧めるのもアリかと思います。

仕事をすぐに辞めたい介護士が退職代行を利用すべき理由と注意点
介護の仕が憂鬱だけど、人手不足で辞めさせてくれない、退職を伝えたらいじめられるって噂を聞いたから中々踏ん切りが付かない。 このような介護業界の人間関係の悪さは群を抜いており、仕事を辞めたいけど辞めれない方が続出しています。 ...

最後に

いかがでしたか?

本記事を読んだことで退職者に対して「どこに行っても通用しない」が嘘であるかが、お分かり頂けたと思います。

後半では強引な引き止めに対する対処法について書いてみました。

退職の引き止めは労働者の人生を狂わせる罪深い行為です。

決してそれに屈さず自分の意志を突き通して新たな人生の再スタートをしましょう。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。